×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

がん保険比較サイトの欠点

がん保険比較サイトの欠点は、あまりにも情報を詰めすぎていることです。その為、派手な見難いサイトになりがちです。
そこで、このサイトでは、シンプルかつ最低限の情報を提供して、皆さんのがん保険選びの手助けをする事を目標にしています。
最初に、がん保険の説明をします。
がん保険は通常の医療保険ではカバーできない費用をカバーするためにあります。例えば、通常の医療保険では入院給付金は給付日数が決まっていますが、がん保険ではその日数が無制限になっている場合が殆どです。
がんの治療は通常の治療と違い長期的な入院になったり、入退院を繰り返したりする場合が多いので、がん保険では入院給付日数が無制限なのです。
また、がんと診断された場合に一時金の給付があるのもがん保険の特徴です。この給付金により、より高度の医療を受ける事も出来ます。
この他にも、最近では数年毎に給付金を支給し、がん検診などの費用に充てる事が出来る保険もあります。
この様に、がん保険はがん医療に特化した保険となっています。

powerd by 楽市360

がん保険の比較1

いよいよがん保険の比較に入ります。
まず、アフラックです。あのアヒルのCMでお馴染みです。アフラックの主ながん保険は「21世紀がん保険メディカルチェックプラス」、「21世紀がん保険 通院充実プラン」、「21世紀がん保険 ひと安心II」です。アフラックには他のがん保険もありますが、この三つから選ばれる方が多いようです。
簡単に特徴を説明すると、メディカルチェックプラスは3年毎に3万円の健康支援金が受けられます。これはがんの早期発見のための検診費などに使えます。
通院充実プランは入院以外にも通院や往診でも1日1万円の保障が受けられます。
ひと安心IIは、保障の範囲は狭いのですが、その分、保険料は安くなっています。
アフラックのがん保険はどれも診断給付金100万円、入院給付金1万円の保障が付いてきます。
セコムのがん保険は「自由診療保険 メディコム」です。
このがん保険は業界初の入院治療費を全額無制限補償してくれます。また、がんと診断された場合は50万円、入院時は入院諸費用保険金として1日1万円が保障されます。
また、メディコム・ナースによる相談窓口や医療機関の紹介なども行っています。

がん保険の比較2

最後はチューリッヒ生命のがん保険です。「がん診断保険」、「スーパーがん保険」、「終身がん保険」、「積立がん保険」の4つがあります。
がん診断保険は、がんと診断された場合は200万円から、加入年数に応じて最高500万円が保障されます。また、がんと診断されずに満了を迎えた場合はそれまで支払った保険料相当額が全額支払われます。
スーパーがん保険は月々980円からのがん保険として有名です。しかし、低価格ながら、がんと診断された場合は100万円(1口)、入院は1日1万円(1口)の保障と内容もしっかりしています。
終身がん保険はその名の通り、終身が保険期間となっているのが最大の特徴です。がん診断時の保障は50万円(1口)、入院時は1日1万円(1口)です。
積立がん保険は年齢が何歳であっても、保険料は月々1万円、2万円、3万円から選ぶ事が出来ます。保険期間は10年ですが、満期時には満期保険金が戻ってきます。年齢により異なりますが、だいたい53万円〜115万円くらいです。しかも、診断給付金や入院給付金を受け取っていてもその金額は変わりません。がん診断給付金は1万円プランで100万円、入院給付金は1日1万円が無制限と通常の保障もちゃんとしています。
がん保険を比較してみると、保険各社いろいろな特徴やプランがある事がわかります。実際にがん保険に加入する際にはじっくり検討して加入する事をおすすめします。

<お気に入りリンク>
太秦映画村に行こう | ヒルズダイエットでダイエット | デニムジャケットを着よう! | 布ぞうりでステキな生活♪ | クロックスで一年過ごそう | 【リズリサのワンピース】 | 憧れのマルニのワンピース |
Copyright © 2007 がん保険の比較は見やすく簡単に